【巨人】中田翔の電撃退団の背景 他球団でプレーしたい強い意思に 新天地での活躍願う球団の親心

中田翔
中田翔

 巨人は15日、中田翔内野手(34)との複数年契約を合意の上で解除し、自由契約とすると発表した。この日、中田本人から申し入れがあり、本人の意向を尊重した。昨オフ、3年の複数年契約を結ぶ際に、契約の見直しや破棄ができるオプトアウトの条項を付与しており、2年の契約期間を残して退団が決まった。

 * * * *

 中田翔の巨人電撃退団決定の背景には本人の強い移籍希望があった。

 昨オフに結んだ年俸3億円の3年契約には、選手の意思により途中で契約破棄できるオプトアウト条項があり、球団も出場機会を求める本人の意向を尊重。FA宣言した場合に備えて書類の準備を進めてきた。中田翔はギリギリまで熟考する意向を球団に伝えていた。

 FA申請期限最終日の14日午後、中田側は球団にFA権行使ではなく、実質初めてオプトアウトによる自由契約を希望する考えがあることを伝えた。事前に相談や調整がされていれば、その日のうちにスムーズに進んだ可能性もあるが、突然の展開だったこともあり、詳細な話し合いまでは至らず。引き続き慎重に話し合う方向で調整に入った。

 トレード移籍の道も含めて模索する中、この日、中田翔が直談判に訪れたことで事態は急展開。トレードではなく、どうしてもオプトアウトによる自由契約、他球団でのプレーを目指したいとの強い意思を確認した球団は、その思いを尊重し、早期の契約解除合意となった。吉村編成本部長は「こういう形(自由契約)になって、彼も一番必要とされるところを選んで決めていくと思うし、行きやすくなると思います」と新天地で活躍を願う親心をのぞかせた。(巨人担当サブキャップ・井上 信太郎)

巨人

×