【中日】ドラ1の亜大・草加勝、来季開幕カード神宮ヤクルト戦で“凱旋登板”目指す

スポーツ報知
中日と仮契約し、ポーズをとる亜大・草加(カメラ・加藤 弘士)

 中日からドラフト1位で指名された亜大・草加勝投手(21)が14日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で仮契約した。来季の開幕カードは敵地・神宮でのヤクルト戦。“凱旋登板”に照準を絞り、開幕ローテ争いを勝ち抜く。

 目標を「新人王」に定める153キロ右腕。開幕3連戦の戦場が神宮と聞くと、瞳がいっそう輝いた。

 「大学時代、常に投げさせていただいたグラウンド。投げやすい球場なので、結果を出せると思います」。今季、中日は神宮で4勝8敗。投手陣も防御率4・21と振るわなかった。苦手意識とは無縁。若き右腕の加入は竜党にとって朗報だ。

 契約金の使い道は「母に車をプレゼントしたい」と親孝行な一面を見せた。目指すは故郷・岡山の大先輩で竜のエースだった星野仙一さん。「熱い方。自分も熱く頑張っていきたい」。戦国東都の若武者が野望を胸に、尾張の地へ乗り込む。(加藤 弘士)

野球

×