【巨人】育成1位・三浦克也「短いイニング、短い時間での集中力は自分の持ち味」 都内のホテルで仮契約

スポーツ報知
巨人と仮契約を結んだ育成1位・三浦克也(球団提供)

 巨人から育成ドラフト1位で指名された東京国際大・三浦克也(かつなり)投手(22)が14日、都内のホテルで仮契約を結んだ。支度金290万円、年俸400万円。背番号「012」に決まった左腕は「プロ野球選手としてやっていく責任と自覚が芽生えました。一日でも早く支配下に上がれるようにしたい」と意気込んだ。

 最速149キロの直球とキレのあるスライダーを武器に、高い奪三振率を誇る。大学でも主にリリーフ。過去には山口鉄也や星野真澄ら、同じ育成1位から中継ぎで活躍した左腕は多い。「短いイニング、短い時間での集中力は自分の持ち味。1イニングを抑えきる長所を出したい」と自信を持つ。

 同じく大卒だった昨年の育成1位・松井颯も5月に支配下に上がり、同21日の中日戦(東京D)でプロ初勝利。「自分自身のパフォーマンスをしっかり発揮できれば、支配下に上がる可能性はあると思っています」。ルーキーイヤーからフル回転する。(井上 信太郎)

巨人

×