【中日】ドラ1の亜大・草加勝が仮契約 新人王に照準 契約金の使いみちは「母にクルマをプレゼントしたい」

中日のドラフト1位、亜大の草加勝投手は仮契約を終え、やる気をみなぎらせた(カメラ・加藤弘士)
中日のドラフト1位、亜大の草加勝投手は仮契約を終え、やる気をみなぎらせた(カメラ・加藤弘士)

 中日からドラフト1位で指名された亜大・草加勝投手(21)が14日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で仮契約した。

 草加は「仮契約をさせていただき、実感が湧いてきた。新しいスタートになるんだなと思う。しっかり練習して、チームの力になれるように頑張りたい」と初々しい表情で語った。

 最速153キロ右腕は「まずは1年目から新人王を取れるように。少しでもチームの戦力になれるように、頑張っていきたい」と闘志。今後は尾張名古屋が本拠地となるが「名古屋城を見たことがないので、行ってみたい」と笑った。

 契約金の使いみちには「母(明美さん)がクルマがほしいと言っていたので、プレゼントしたいと思っています。自分が中学、高校の頃から『新しいクルマに乗りたい』と言っていたので」と親孝行な一面をのぞかせていた。

 ◆草加 勝(くさか・しょう)2001年11月21日、岡山・和気町生まれ。21歳。藤野小では藤野スポーツ少年団で野球を始め、和気中では部活の軟式野球部。創志学園では阪神・西純矢の控え投手として3年夏の甲子園に出場。亜大では3年秋からエースとなり、通算25登板で13勝6敗、防御率1・24と抜群の安定感を発揮。最優秀投手、ベストナインに輝く。好きなアーティストはback number。182センチ、75キロ。右投右打。

野球

×