「新しい学校のリーダーズ」紅白初出場!海外から火がついた「オトナブルー」が“逆輸入”され今年大ヒット

新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ

 今年大ブレイク中の4人組女性ダンス&ボーカルユニット「新しい学校のリーダーズ」が、大みそかのNHK紅白歌合戦に出場することが12日、分かった。

 「新しい―」は2015年にリーダー・MIZYU、RIN、SUZUKA、KANONで結成。セーラー服と組み体操を取り入れた躍動感あるダンスが特徴で、21年にはアジア系アーティストを次々と売り出してきた米国拠点のレーベル「88rising(エイティーエイト・ライジング)」から世界デビュー。昭和歌謡風の楽曲をひっさげ数多くの海外フェスで腕を磨いてきた。

 日本でブレイクするまでに時間がかかったが、19年に発表した「オトナブルー」が海外から人気となり、“逆輸入”される形で今年大ヒット。SNS上では、リズムに合わせて首を左右に振る「首振りダンス」が大流行し、TikTokの関連動画の再生回数が30億回を突破した。

 日本でも今年は飛躍の年となり、10月には東京体育館で初のアリーナライブを開催。現在はアメリカツアーを行っており、来年1月9日には東京・日本武道館で単独ライブ開催を発表している。大みそかの大舞台も相まって、念願の武道館に乗り込んでいく。

芸能

×