【巨人】オリックス近藤大亮を金銭トレードで電撃獲得 3日で2件成立は異例 3人目の投手補強

オリックスの近藤大亮投手
オリックスの近藤大亮投手

 巨人は8日、オリックスとの間でトレードが成立し、近藤大亮投手(32)を獲得すると発表した。巨人から選手の譲渡はなく金銭トレードとみられる。6日にはアダム・ウォーカー外野手とソフトバンクの高橋礼投手、泉圭輔投手の1対2のトレードが発表されたばかり。3日間で2件目の成立という異例のスピード感で今オフ3人目の投手補強となる。

 近藤はプロ2年目の17年から3年連続で50試合以上登板。17年11月には日本代表としてアジアプロ野球チャンピオンシップ優勝に貢献した。その後、20年9月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、同年オフに育成選手として再契約。長期のリハビリを経て昨年4月に支配下登録に復帰し、シーズン32登板で防御率2・10と復活を果たした。

 今季は層の厚いオリックス投手陣の中で1軍では12登板、防御率5・11に終わったが、12回1/3で16奪三振。2軍のウエスタン・リーグでは33登板で1勝0敗6セーブ、防御率1・08と安定した投球を続けていた。高めの150キロ台の速球で空振りを取る力強い投球は進化中。1軍通算でも204登板で204回2/3を投げて投球回数を上回る229奪三振をマークしている。

 巨人は今季、チーム防御率がリーグ5位の3・39、救援防御率が同ワーストの3・81に終わった。今オフは支配下選手では鍵谷、鍬原、高木、田中豊、三上、堀岡に戦力外通告。ドラフトでは1位で中大・西舘、2位でホンダ鈴鹿の左腕・森田、5位で日本生命の左腕・又木と即戦力投手を指名した。ソフトバンクとのトレードで高橋礼と泉を獲得し、その2日後という異例の速さでオリックスから近藤も加入。実績と経験豊富な3投手を一気に補強して戦力アップした。

 出身は大阪・浪速高で巨人の田中千晴投手の高校の先輩。オフの自主トレは大勢と同じジムで行い、オリックス時代の同僚・鈴木康平投手もチームにいる。2年連続Bクラスとなる4位に終わり、阿部慎之助新監督で来季優勝、日本一を目指す新生・巨人に貴重なリリーフ右腕が加わる。

 ◆近藤 大亮(こんどう・たいすけ)1991年5月29日、大阪府生まれ。32歳。浪速高から大商大、パナソニックを経て15年ドラフト2位でオリックスに入団。通算204登板で9勝15敗4セーブ、71ホールド、防御率3・17。177センチ、80キロ。右投右打。今季推定年俸は4200万円。

巨人

×