TDR40周年クリスマスツリー出現、TDSでは4年ぶり復活…ディズニー・クリスマス8日開幕

スポーツ報知
東京ディズ二ーシーで4年ぶりにアメリカンウォーターフロントに復活した巨大クリスマスツリー(カメラ・泉 貫太)

 今年40周年を迎えた東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は7日、クリスマスのスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」のプレスプレビューを報道陣に先行公開した。冬の名物、巨大クリスマスツリー(高さ約15メートル)がTDR40周年“ドリームゴーラウンド”の記念ロゴが入って登場した。

 東京ディズニーランド(TDL)では、40周年で色とりどりの「ドリームガーランド」で装飾されているワールドバザール中央にツリーがそびえ立った。新型コロナウイルスによる密防止の影響で20年、21年が設置中止になり、昨年にTDLでは3年ぶりに登場、今年は東京ディズニーシー(TDS)でも4年ぶりにアメリカンウォーターフロントに復活した。露天のTDSでは夜になると光り輝き、より一層ロマンティックな雰囲気になる。

 TDLでは、クリスマスの妖精“リルリンリン”のオーナメントが各所に飾られ、パレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」では、クリスマス衣装のミッキーマウスらディズニーの仲間たちが、7台のフロートに乗って7つの物語を展開する。この日午前のプレビューは雨天中止で代替グリーティングとなったが、今年から多数のダンサーが出演し、パレードのフロートが途中で停止する演出が復活する予定。TDSではサンタクロースとミッキーらが船に乗って「ディズニー・クリスマス・グリーティング」を行う。スペシャルイベントは8日から12月25日まで48日間にわたって開催される。

芸能

×