【阪神】38年ぶり日本一へ秘策「6番・DH」原口文仁 佐藤輝明は7番 才木浩人、伊藤将司もベンチ入り

スポーツ報知
シートノックを見つめる岡田彰布監督(中央)(カメラ・今成 良輔)

◆SMBC日本シリーズ2023第7戦 オリックス―阪神(5日・京セラドーム大阪)

 阪神のスタメンが発表された。「6番・DH」には原口文仁外野手が起用。佐藤輝明内野手は7番で出場する。相手先発・宮城には29日の第2戦(京セラD)で6回4安打無失点に抑えられ、チームは完封負け。38年ぶりの日本一へ向け、左腕を打ち崩せるか。

 先発は青柳晃洋投手が務める。今季開幕投手を任された右腕だが、シーズン途中で2軍降格。広島とのCSファイナルステージでも登板がなく、先発マウンドは9月以来だ。才木、伊藤将もベンチ入り。総力戦で日本一を勝ち取りにいく。

【オリックス】

1(中)中川圭

2(三)宗

3(遊)紅林

4(捕)森

5(一)頓宮

6(二)ゴンザレス

7(指)杉本

8(右)野口

9(左)福田

投手・宮城

【阪神】

1(中)近本

2(二)中野

3(右)森下

4(一)大山

5(左)ノイジー

6(指)原口

7(三)佐藤輝

8(遊)木浪

9(捕)坂本

投手・青柳

野球

×