【DeNA】バウアーが羽田空港から米国へ帰国「ジェットコースターのようなシーズンでした」

スポーツ報知
帰国が発表されたDeNAのトレバー・バウアー投手(球団提供)

 DeNAのトレバー・バウアー投手が31日、羽田空港発の航空機で米国に帰国した。シーズン終了後にオーストラリアで休暇を過ごしていたが、いったん日本に戻って米国に帰国した。

 バウアーは球団を通して「今シーズンは自分にとってジェットコースターのようなシーズンでした。素晴らしい瞬間がたくさんありました。特に印象に残っているのは10勝したこと、オールスターに出場したこと、そして広島戦で10回を無失点に抑えたことです」とコメントを発表した。

 さらに「悔しい瞬間もたくさんありました。シーズンの最初と最後の1カ月をケガで欠場したこと、プロ生活で最悪の連戦を経験したこと、そしてクライマックスシリーズで敗退したことです。もっと多くの試合に勝ち、優勝という目標を達成したかった。チームが最高のパフォーマンスを発揮できなかった時でも、ファンの皆さんは毎試合ベストを尽くしてくれました。皆さんは世界最高の野球ファンであり、皆さんの前で1年間プレーできたことは本当に光栄でした。特別な1年にしてくれてありがとう!」とファンへの感謝を口にした。

野球

×