【阪神】岡田彰布監督、審判の説明に「そんなルールあった? 野球やってて初めて聞いた」「ずっと森下がキー」一問一答

スポーツ報知
1回1死一塁、森友哉(左)のファウルの判定に抗議する岡田彰布監督(右奥)(カメラ・岩田 大補)

◆SMBC日本シリーズ2023第2戦 オリックス8―0阪神(29日・京セラドーム大阪)

 阪神は前夜の8―0の快勝と真逆のスコアで敗れ、1勝1敗のタイとなった。先発の西勇が3回に自身のけん制悪送球でピンチを広げると、4回も2死からの四球をきっかけに3失点。3回2/3を4失点で主導権を奪われると、後手に回った打線も沈黙した。初回の守りでは、一塁線の打球を主審がフェア、塁審がファウルと判定。協議の結果、ファウルとなり、岡田監督が抗議に出る場面もあった。

 以下は試合後の岡田彰布監督の一問一答。

―西勇は悪送球や四球から失点

「なあ。ツーアウトからフォアボールで、あれやからなあ。4連打か。用意してなかったよ。ほんま」

―立ち上がりはよかった

「よかったよ。ずっとよかったからな。だから、きょうにしたんやからな。まあそら、自分の(ミスで)な。一塁におったら別に、そんなお前、けん制な。だから、自滅みたいなもんやからな、結局はな。ツーアウトからのフォアボールも、自滅やん。ピッチャーな。下位打線にいくところでな」

―初回はフェア、ファウルの判定を巡って抗議

「なんか知らん。協議するんやてな。一塁の塁審と。みんな審判団で協議したとか言うとったけどな。レフトから見られるんかって言うたんやけどな。そうやろ?2人でやるんやってなあ。そんなルールあった? ベースまでは主審の判断ちゃうの? ルールは。そんな協議のルールなんか知らんよ、審判の。シリーズやから何にも言わんかったけど、どういうことやろな、協議って初めて聞いたわ。審判の協議でフェア、ファウルを決めるんやて。そんなルール、野球やってて初めて聞いた」

―オリックス宮城は

「まあ、な、一巡目な、もうちょっとな、そんな捉えたみたいなのもあったけどなあ。もう後手後手いってるからなあ、もうああいう展開なったらアカンよなあ、やっぱりなあ」

―4回の森下の併殺など流れも悪かった。

「結局ずっと森下がキーになってるからな。初回にしてもそうよ、何でゴロ打たんのやろなあ、あれ。だからそういう見えないのか昨日からもな、昨日の見送りにしてもお前、ホント初回からあれで流れが変わってしまうもんなあ」

―甲子園では打順の組み替えも考えないといけないか

「いやいや、まだだから聞いてないから分かれへんけどな。どういう考えでな、打ってるかいうことやろな」

―中野が好調なだけに目立つ

「そうよ、そうよ。それこそ野球言葉やもんな。エンドランいうたらバッターはゴロ転がすんとちゃうの、なあ。だからそういうことやんか。昨日の初回もそうや、なあ。昨日今日と、初回でガクッとくるようなそういうね、ヒット打つだけとバッターちゃうからなあ。それがなんかなあ、打ちたい打ちたいってもうそれしかないからなあ、見てたら」

―1勝1敗に

「おう1勝1敗でええと思ってたけど、まあ、なあ、えらい極端な2試合になったけど(笑い)。別にしゃあない、もう勝ち負けだけよ、勝った負けたや」

―スコアが監督の背番号に

「そやろ。番号的にはよかったなあと思ったよ、ちょうど。まあまあ、甲子園帰ってからや」

野球

×