【阪神】岡田彰布監督、3三振森下翔太の交代我慢「またな、泣いたらアカンから。今日は辛抱したよ」一問一答

スポーツ報知
5回1死三塁、渡辺諒の先制中前適時打を喜ぶ岡田彰布監督(中)(カメラ・岩田 大補)

◆SMBC日本シリーズ2023第1戦 オリックス0―8阪神(28日・京セラドーム大阪)

 阪神が球団のシリーズ最多13安打で、8点を奪う快勝でシリーズ初戦を制した。1番・近本、2番・中野がともに3安打&2打点。シリーズで1、2番がそろって1試合3安打以上は4度目で、セ・リーグでは阪初めてとなった。

 投げては、先発の村上が7回2安打無失点の好投で、球界ナンバーワンの山本に投げ勝ち。前年まで0勝の投手が、シーズン2ケタ勝利&日本シリーズ初戦先発勝利は、新人や外国人投手を除けば史上初の快挙となった。

 以下は岡田彰布監督の試合後の主な一問一答。

―村上は立ち上がりから良かった

「今日の報告も良かったからな。ブルペンから。クライマックスのときは、めちゃくちゃ緊張してるゆうてたけど、今日はいつも通りに、ブルペンでも投げてたみたいだし」

―球速もみると、初回から飛ばしている印象だった

「いや、ここはスピード出るやろ? 球場によって数字違うから。ここは出るよ。そんなの」

―7番に渡辺諒を起用した。意図は

「いやいや、まあ、最初から、昨日の段階で決めとったから」

―山本に(相性が)いいという

「由伸にそれほど良くない、なんか。いや、打つと思ったから。バッティングが昨日、良かったからな。変化球もな」

―はまった

「まあ、誰か入れやなアカンからなあ。明日(DHが)もう1回あるけど、明日は左みたいやから。宮城か。それはまた、今の段階では誰かわかんけどな」

―佐藤の盗塁は球種を絞ってサインを出したのか

「いやいや、読むっていうか、中野がその前にアウトになっているから、あれで来ないと思うやんか。あれは初球からいけるからな。思い切りがいいからな、佐藤は。走塁ていうか、盗塁に関してな。ほんまに初球から行きよったと思たけどな」

―中野の盗塁はエンドランか

「違う違う、盗塁盗塁」

―怒っていた。

「振らんからや、森下が」

―見逃したことに

「おーん」

―山本を打つために「真っ直ぐを狙う」と話していたが、みんな速い球を打ち返した

「そうやろ、その通りやったやんか。別に皆が、そないして、すごいすごい言うからほんまに。しゃあないから言うただけやんか」

―分析通りか

「分析なんか。そんなしてないよ。してないしてない。そんなん、シンプルにそんなん、そこまで分析して打てるもん違うよ。野球いうのは。シンプルに真っすぐをと、そういうことやんか。それを打てるようにな、いつも練習してるんやから。そんな対策で打たれへんって、そんな」

―打線が良かった

「そら、思ってる以上にな。2点取れたらいいかな、と思ってたけどな。1巡目見てもな。ひとまわり見て」

―近本、中野も打った

「そうや。あそこが打てばなあ。3本、3本か。今日。なあ。あそこが出たらもう、足があるし、向こうも警戒心というか、全然違ってくると思うしな。それで得点になるよな」

―シンプルにと言うが、何か対山本を伝えた

「いや、まっすぐ打てしか言うてないよ。だって、フォークの打ち方なんか教えてないもん。そやろ。誰もフォークの打ち方教えるバッティングコーチいてないやん、そういうことやん。だから、そんな分析とか、そんな難しいことなんかできへんて」

―150キロを超える球を

「それを打つんやから、しゃあないやん。150キロ超したから打たれへんとか、そういう問題じゃないやん、おかしいやんか」

―指示が徹底できた

「そうそうそう。まっすぐ打てしか言うてないもん」

―打席で実行できた

「うん。まっすぐ打って、フォーク見送れって言っただけやもん」

―ミーティングで

「うん、ミーティングで。それはもう、ずっと言ってることやもん。基本よな、やっぱりな。変化球そんな当たらへんよ」

―1つ勝って楽に

「そら皆、ああやってヒット出たから、そら楽になってるよ。そら、だいぶ明日のゲームの入り方は、だいぶ楽に入れる。全然違うよ。ボールばっかり振ってる奴(森下)も、最後くらい一本出たしな。ストライク見逃して、ボールばっか振って。あんだけ言うたのに、一人なあ」

―代えようと思ったのでは

「3打席目で代えたろうか思った。またな、泣いたらアカンから。今日は辛抱したよ、初戦やから」

野球

×