【日本シリーズ予想】高木豊氏、阪神の4勝2敗 ケガ人多いオリックスに比べて固定メンバーで戦える

監督会議を終えた阪神・岡田彰布監督(左)とオリックス・中嶋聡監督(カメラ・豊田 秀一)
監督会議を終えた阪神・岡田彰布監督(左)とオリックス・中嶋聡監督(カメラ・豊田 秀一)

◆SMBC日本シリーズ2023第1戦 オリックス―阪神(28日・京セラドーム大阪)

 「SMBC日本シリーズ2023」は28日に京セラDで開幕する。パ・リーグ3連覇のオリックスと18年ぶりセ・リーグ優勝の阪神が激突。関西球団同士の決戦は1964年以来、2度目となる。スポーツ報知評論家の高木豊氏が日本Sの行方を占った。

 * * *

 投手力は互角と思っていいだろう。先発やブルペンの頭数や投球内容など、オリックスには圧倒的な迫力があるが、投手全体のコントロールという面では阪神が1枚上といえる。

 その中でオリックスには心配事が多い。左足首負傷の杉本、左手首を痛めている紅林。それに首位打者の頓宮も、守備に就けるのかどうかが分からない。主軸の体調を気にして、試行錯誤しながら戦っていかなければならないつらさがあり、彼らが万全でない以上、戦力ダウンであることは否めない。

 その点、阪神はペナントレース―CSと固定したメンバーで戦える。1番から5番は近本、中野、森下、大山、佐藤輝。8番に木浪。相手投手が左でも右でも全く関係なく、このオーダーで臨むだろうし、この安定感こそが、強さだと言い換えてもいい。(スポーツ報知評論家・高木 豊)

試合詳細

野球

×