【日本シリーズ予想】福本豊氏、阪神の4勝3敗 パ・リーグにはない土の甲子園でエラーが出るのでは

監督会議の後、握手する阪神・岡田彰布監督(左)とオリックス・中嶋聡監督(カメラ・豊田 秀一)
監督会議の後、握手する阪神・岡田彰布監督(左)とオリックス・中嶋聡監督(カメラ・豊田 秀一)

◆SMBC日本シリーズ2023第1戦 オリックス―阪神(28日・京セラドーム大阪)

 「SMBC日本シリーズ2023」は28日に京セラDで開幕する。パ・リーグ3連覇のオリックスと18年ぶりセ・リーグ優勝の阪神が激突。関西球団同士の決戦は1964年以来、2度目となる。スポーツ報知評論家の福本豊氏が日本Sの行方を占った。

 * * *

 投手力が強力な似たもの同士の対戦で、緊迫したゲームが続くだろう。打ち合いは考えづらい。ロースコアの試合は、どちらにボロが出るかで決まる。四球、エラーなどの小さなミス。そう考えると、甲子園で行われる第3~5戦は、そのグラウンドがポイントになりそうだ。内野が土のグラウンドは、パ・リーグの本拠地にはない。不慣れなオリックスの方が、甲子園で内野手にエラーが出る確率が高いのではないか。

 両チームで極端に違うのは、オーダーの組み方だ。メンバーを固定している阪神に対し、オリックスは日替わり。中嶋監督は、相手投手の特徴などを基にオーダーを決めていると思うが、ペナントレースのパ・リーグ相手と違い、阪神のデータは少ないはず。どっしりと構えて普段通りに戦う阪神・岡田監督の方が優位ではないか。そうした観点から、阪神の4勝3敗と予想する。

 戦力的には互角だが、オリックスは杉本、頓宮、紅林ら、けが人が出ていることが不安材料だ。(スポーツ報知評論家・福本 豊)

試合詳細

野球

×