【日本シリーズ予想】掛布雅之氏、オリックス・山本由伸を初戦で倒せば阪神有利 2勝許すと勝ち目薄い

監督会議を終えた阪神・岡田彰布監督(左)とオリックス・中嶋聡監督(カメラ・豊田 秀一)
監督会議を終えた阪神・岡田彰布監督(左)とオリックス・中嶋聡監督(カメラ・豊田 秀一)

◆SMBC日本シリーズ2023第1戦 オリックス―阪神(28日・京セラドーム大阪)

 「SMBC日本シリーズ2023」は28日に京セラDで開幕する。パ・リーグ3連覇のオリックスと18年ぶりセ・リーグ優勝の阪神が激突。関西球団同士の決戦は1964年以来、2度目となる。掛布雅之氏が日本Sの行方を占った。

 * * *

 はっきりとしない予想で申し訳ないが、第1戦で今年のシリーズが決まる、と考えている。オリックス・山本がシリーズで2勝するようなら、阪神の勝ち目は薄い。オリックスの4勝2敗。逆に、山本で落とすとオリックスは苦しい。阪神が第1戦で山本に土をつければ、4勝3敗で日本一になるとみる。

 第1戦は山本と阪神・村上の対決。山本が勝てば、経験の差などがクローズアップされ、第6戦で再戦しても村上は劣勢に回る。村上が第1戦で投げ勝てば、気後れすることもなくなり、連勝する可能性が出てくる。

 2人ともCSの投球には不安があった。山本は7回10安打5失点。阪神は近本、中野の1、2番がシーズン中のような働きができるか。佐藤輝の本塁打も山本攻略のポイントになる。村上もCSは、6回1失点ながら、制球力など本調子でなかった。カギは坂本のリード。投手力勝負の阪神が4勝するには、坂本がMVP級の存在感を示す必要がある。

 オリックスのけが人という不確定要素も予想を難しくする。杉本、紅林、頓宮がどれだけプレーできるか。(掛布 雅之)

試合詳細

野球

×