山田洋次監督、亡くなった犬塚弘さんは「とびぬけて好人物、善意が背広を着てコントラバスを演奏しているような人」

スポーツ報知
犬塚弘さんを追悼した山田洋次監督

 1960年代に国民的人気を集めたグループ「クレージーキャッツ」の一員として活躍、俳優としても知られた犬塚弘(いぬづか・ひろし、本名弘=ひろむ)さんが27日までに死去した。94歳だった。

 訃報(ふほう)を受け、犬塚さんが出演していた映画「馬鹿が戦車でやって来る」、「男はつらいよ」で監督を務めた山田洋次氏がコメントを発表した。

 コメントは以下の通り。

 「ワンちゃん、サヨナラ」

遂にワンちゃんもか、という思いです。リーダーのハナ肇さんはじめ、クレージーキャッツのメンバーは、みんなお人好しだったが、その中でもワンちゃんこと犬塚弘さんはとびぬけて好人物、善意が背広を着てコントラバスを演奏しているような人でした。全身からあふれ出すようなその善意で、どれだけ多くの観客を楽しませてくれたことでしょうか。

ありがとう、ワンちゃん

芸能

×