東京ディズニーシーの新テーマポート「ファンタジースプリングス」のオープン日が来年6月6日に決定

スポーツ報知
上空から撮影したTDS「ファンタジースプリングス」の建設現場(C)Disney

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)を運営するオリエンタルランドは26日、東京ディズニーシー(TDS)8番目の新テーマポート「ファンタジースプリングス」のオープン日が、2024年6月6日(木)に決定したことを発表した。また、「ファンタジースプリングス」への入場および「ファンタジースプリングス」内の対象アトラクションの利用は、対象アトラクションの「スタンバイパス」(無料)または「ディズニー・プレミアアクセス」(有料)の取得が必要になることも決まった。

 “魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマとした、世界で唯一のテーマポート「ファンタジースプリングス」は、ディズニー映画を題材とした3つのエリア「フローズンキングダム」(「アナと雪の女王」をテーマとしたエリア)、「ラプンツェルの森」(「塔の上のラプンツェル」をテーマとしたエリア)、「ピーターパンのネバーランド」(『ピーター・パン』をテーマとしたエリア)と、1つのディズニーホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」からなる。

 ロストリバーデルタとアラビアンコーストの間からつながる「ファンタジースプリングス」の巨大な岩の入口には魔法の泉があり、ゲストをディズニーファンタジーの世界へといざなう。「フローズンキングダム」には、アレンデール王国の美しい風景が広がり、アトラクション「アナとエルサのフローズンジャーニー」では、「真実の愛」が凍った心を溶かす壮大かつ心温まる姉妹の物語を、ディズニー映画「アナと雪の女王」の名曲とともに楽しめる。

 「ラプンツェルの森」には、ラプンツェルが小さい頃から暮らしていた塔がそびえる。アトラクション「ラプンツェルのランタンフェスティバル」では、年に一度のランタンフェスティバルへと向かうロマンティックなボートの旅が体験できる。

 「ピーターパンのネバーランド」では、ディズニー映画「ピーター・パン」でおなじみのフック船長の海賊船やドクロ岩など冒険心をくすぐるネバーランドの景色が広がる。ネバーランドの空を飛び、ピーターパンたちとともにフック船長に立ち向かう壮大な冒険の旅を体験するアトラクション「ピーターパンのネバーランドアドベンチャー」のほか、ティンカーベルの暮らす妖精の谷「ピクシー・ホロウ」で、ゲストが妖精の大きさになって四季をめぐるアトラクション「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」が楽しめる。

 国内6番目のディズニーホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」は、デラックスタイプ「ファンタジーシャトー」とラグジュアリータイプ「グランドシャトー」の2棟を有する、パーク一体型のホテル。ディズニーホテル既存の3つのホテルタイプ(デラックスタイプ、モデレートタイプ、バリュータイプ)に新たなホテルタイプが加わる。

 「ファンタジースプリングス」への入場および「ファンタジースプリングス」内の対象アトラクションの利用には、TDSのパークチケットの他に、対象アトラクションの「スタンバイパス」(無料)または「ディズニー・プレミアアクセス」(有料)の取得が必要になる。2019年5月の工事着手からオープンまで約5年。総投資額約3200億円をかけ、2001年のTDS開業以来最大となる総開発面積約14万平方メートルの開発を経て、TDSが大きく進化を遂げる。

芸能

×