【西武】ドラフトで国学院大・武内夏暉を1位指名へ 渡辺久信GM「有力候補の中で最も実力がある」

スポーツ報知
国学院大・武内夏暉

 西武は26日のドラフト会議で国学院大の左腕・武内夏暉投手を1位指名することを24日、公表した。

 渡辺久信GMは球団を通して「今年のドラフト1位指名は武内夏暉投手でいきます。数多くいる有力候補の中で今年は武内くんが最も実力があると評価しました。左の先発をもう少し厚くしたいと考えている中で即戦力の投手として合致していますし、強いストレートと、変化球が多彩でどの球でも決め球に使える制球力の高さが魅力です」とコメントした。

 西武は昨年のドラフト会議前にも蛭間拓哉外野手の1位指名を公表していた。

野球

×