市川猿之助被告、事件直前の心境「地獄の釜がばかんと開いてしまった」後悔の念を涙ながらに語る

市川猿之助被告
市川猿之助被告

 両親の自殺を手助けしたとして、自殺ほう助の罪で起訴された歌舞伎俳優・市川猿之助(本名・喜熨斗=きのし=孝彦)被告の初公判が20日、東京地裁(安永健次裁判官)で行われ、起訴内容を認めた。検察は懲役3年を求刑した。弁護側は執行猶予付の判決を求めた。判決公判は11月17日午後3時。

 初公判は午後1時30分に始まり、猿之助被告は髪を短く整え、濃紺のネクタイとスーツ姿で出廷した。裁判長から職業を聞かれると「歌舞伎俳優です」と答え、起訴内容については「間違いありません」と認めた。

 猿之助被告は、被告人質問で言葉を詰まらせながら、終始小声で応じた。事件を起こすに至った理由については、かねて自殺願望に蓋をして仕事していたが、(自身のハラスメントに関する)週刊誌報道が出ることを知ったのをきっかけに「地獄の釜がばかんと開いてしまった」と告白。なぜ両親に自殺することを伝えたのかについては「このまま死んだらびっくりさせてしまうと思った」と述べた。

 さらに、どうすれば事件に至らずに済んだと思うかを聞かれると「自分がもっと強ければ、突き詰めれば生まれてこなければよかったと思う」と話した。両親への思いについては、涙を浮かべながら「ふたり(両親)にとって僕が生きがいだったと思う。申し訳ないことをした。後悔の念でいっぱい。不肖な息子で申し訳ない」と思いを述べた。

 起訴状によると、東京都目黒区の自宅で5月17日、自殺を手助けするために、父親で歌舞伎俳優の市川段四郎(本名喜熨斗弘之)さんと、母に熨斗延子さんに向精神薬を服用させ、同日から翌18日にかけて死亡させたとしている。事件発覚当日には週刊誌「女性セブン」でハラスメント疑惑を報じられていた。

 ◆厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口

 ▼いのちの電話 0570・783・556(午前10時~午後10時)、0120・783・556(午後4時~同9時、毎月10日は午前8時~翌日午前8時)

 ▼こころの健康相談統一ダイヤル 0570・064・556(対応の曜日・時間は都道府県により異なる)

 ▼よりそいホットライン 0120・279・338(24時間対応)

芸能

×