俳優・鎌田秀勝さん、肝臓疾患で死去、49歳 事務所代表「残念でなりません」 大河ドラマ「西郷どん」など出演

イメージ写真
イメージ写真

 俳優の鎌田秀勝さんが9月末に、肝臓疾患のため死去した。49歳だった。所属事務所「ひまりり舎」の代表取締役・鈴木伸洋氏が15日、X(旧ツイッター)で報告した。

 「訃報のお知らせ」とし、「この度、弊社所属の俳優・鎌田秀勝が、去る9月末に永眠いたしました。享年49歳。肝臓の疾患による急逝でした」とコメント。「関係者の皆様に置かれましては、ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご報告申し上げます。尚、葬儀については、ご家族の希望により近親者のみで、直葬にて執り行いました」とつづった。

 その上で「鎌田秀勝は芝居バカというくらい芝居が大好きな役者でした。舞台中心の活動から、この数年、映像に活動の中心を移し、頑張っていました。お陰様で、中国映画やハリウッド制作の連続ドラマに出演を果たすなど、少しずつ成果を出していた矢先の出来事でした」と近況を説明。

 「鎌田秀勝という役者の個性は、世界にも通用する役者なんだと信じて、本人とも話しながら夢を諦めずに1歩ずつ歩んでいただけに、残念でなりません」と吐露し、「鎌田のおかげで得た経験と彼の想いを胸に刻んで、これからもマネージメントをして行きたいと思います。ここに改めて、生前のご厚誼を深謝し厚く御礼申し上げます」と結んだ。

 鎌田さんはNHK大河ドラマ「西郷どん」や日中合作映画「唐人街探案3」、ハリウッドドラマ「Tokyo Vice」などに出演した。

芸能

×