ジャニーズ社名は16日が最後 17日以降はグループ名や関連会社、ファンクラブサイトから社名消滅へ

スポーツ報知
看板が取り外されたジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所は、16日に現社名として最後の日を迎える。

 同事務所は、創業者のジャニー喜多川氏(2019年死去)による性加害問題を受け、17日付で社名を「SMILE―UP.(スマイルアップ)」に変更し、被害者補償に専念する。東山紀之社長(57)は2日の会見で、61年続いた看板について「ジャニーズと付くものは全てなくなる」と決別を宣言。関ジャニ∞やジャニーズWESTらが、グループ名を改称する方針を示しており、17日以降は、グループ名や関連会社、ファンクラブサイトなどから現社名が消えるものとみられる。

 また、11月をめどに新たにエージェント会社を設立する。

芸能

×