国分太一「ちょっと震えるでしょ」…「鉄腕!DASH!」都と明治公園整備でタッグ「100年先まで続く森へ」計画発表

スポーツ報知
「ザ!鉄腕!DASH!!」で都立明治公園の整備に関連する新プロジェクトに参加する(左から)松島聡、松田元太、国分太一

 日本テレビ系バラエティー番組「ザ!鉄腕!DASH!!都内から生中継!新大型プロジェクト発表3時間SP」(日曜・午後7時)が15日に放送され、東京都が進める「都立明治公園」の整備に関連する新企画が発表された。

 番組放送前から、注目が集まっていた“新プロジェクト”の概要が明らかになった。

 番組の最終盤に「新宿DASHの新プロジェクト」を始動することを発表。新プロジェクトは、東京・国立競技場の前庭として知られる「都立明治公園」(新宿区、渋谷区)を整備し、「100年先まで続く森」を目指すもの。

 新プロジェクトには、これまで大都会に人と生きものが共存する場所をつくる「新宿DASH」を支えてきたTOKIO・国分太一に加え、Sexy Zoneの松島聡、Travis Japanの松田元太らが参加する。

 公園は今月31日に一部開園し、来年1月に全面開園となる予定。番組は「親から子、そして孫へ、3代で過ごせる癒やしの空間を目指して、大都会のど真ん中で仲間たちと汗をかきます!」としている。

 同番組ではこれまで、2000年から福島県浪江町を舞台にしているDASH村をはじめ、09年にDASH海岸、12年にDASH島、16年には新宿DASHと、全国各地の土地開拓や農作物栽培などを続けてきた。

 この日の放送冒頭、東京・新宿区の東京富士大の屋上から国分が生放送の画面に登場。「実はここ、新宿で新たな大プロジェクトが始まるんですね。私はその現場まで走ります。無事、ゴールした時に皆さんに発表したいなと思ってます。なんとか時間内に走りたいと思います」とヘルメットをかぶると、同地から5キロ先のゴールに向かって出発した。

 そして、午後9時40分過ぎに番組は再び生放送に切り替え。国分は新プロジェクトの現場である国立競技場にSixTONESの森本慎太郎とともに到着。新宿の屋上産のハチミツをなめると、競技場横の公園予定地へ。「ここはコンクリートが多くて、50年コンクリートだった所をもう一度、森にしようと!」と気合。「重要なお手伝いをさせてもらうことになるのよ。ちょっと震えるでしょ」と続けた。

 来年1月予定の全面開園に向け、「10月31日には一部開園するのよ。もう、ドタバタなのよ」と国分。最後にもう一つのプロジェクト「DASH島の発電計画」も一部、発表された。

芸能

×