重岡大毅「ジャニーズWEST」の新グループ名は「覚悟と責任を持って決めたい」…「来年で10周年」愛着も

スポーツ報知
取材会でフラワーアレンジに挑戦した(左から)田中樹、新木優子、重岡大毅、高梨臨

 ジャニーズWESTの重岡大毅(31)が10日、主演するテレビ朝日系連続ドラマ「単身花日(はなび)」(14日スタート、土曜・後11時)の取材会に登場し、グループ名変更に関して言及した。

 2日に行われたジャニーズ事務所会見で、東山紀之社長(57)は「全て『ジャニーズ』とつくものはなくなります」と断言し変更が決定。4日には、有料ファンクラブサイトでの動画でファンからの公募を呼び掛けた。

 重岡は「来年で10周年。『ジャニーズWEST』でやってきた…」と愛着をのぞかせながらも「今、ファンの皆さんに(ウェブ上の)メッセージフォームを作っています」と報告。「ファンの声を聞いて、最後はメンバーと覚悟と責任を持って決めたい」と力を込めた。

 新会社とのエージェント契約については、重岡は「そこまで、あんまり」と考えがまとまっていない口ぶり。共演するSixTONESの田中樹(28)は「秘密です」とおどけながらも「話せることはないです。いずれ分かります」と言うにとどめた。

 ドラマは、東京で妻(高梨臨)と娘と幸せに暮らす営業マン(重岡)が、中学時代を過ごした鹿児島へ単身赴任。早々に初恋の人(新木優子)と再会し危険な関係が始まる。中学時代のライバル(田中)も登場し四角関係に発展。重岡もこの日、「単身赴任ラブサスペンスです」と繰り返した。

 役では敵対しながらも、取材会では仲良しの重岡と田中。作中では、ケンカでチョコレートパフェをかけ合うシーンもあるが、重岡は「エージェント契約だったらそんな(大変な)シーン断るよ。冗談だけど」と笑い飛ばしていた。

芸能

×