堂本光一、5年ぶり新作舞台9日開幕 「素晴らしい作品が今ここに生まれようとしている」

スポーツ報知
主演舞台のゲネプロで熱演する堂本光一

 KinKi Kidsの堂本光一(44)が8日、東京・帝国劇場で主演舞台「チャーリーとチョコレート工場」(9~31日・同所など)の初日記念会見を開催した。

 光一にとって「チャーリー―」は、2018年初演の「ナイツ・テイル―騎士物語―」以来5年ぶりの新作舞台となる。極秘のチョコレート工場を見学した少年たちが驚くべき体験をするストーリー。

 天才菓子職人のウィリー・ウォンカを演じる光一は「稽古期間、あと1か月欲しいです」と苦笑い。「2か月やってきたんですけど、あっという間でしたね。記者会見で『おもちゃ箱をひっくり返してグッチャグチャにする』と話した通りになっています」と話すと、「世界のいろいろな所で上演している作品ですけど、多分一番良い出来なんじゃないかと思っています。稽古を積んできて、素晴らしい作品が今ここに生まれようとしている。お客さまと共に旅をして、素晴らしい時間を共有していきたい」と意気込んだ。

芸能

×