TBS、ジャニーズ事務所に関する社内調査で反省の声「誰かを干すとか独禁法違反だし、社会通念からしたらあり得ない」

スポーツ報知
TBS

 故ジャニー喜多川氏の性加害問題を巡り、TBSは同局とジャニーズ事務所との関係についての社内調査を行い、7日放送のニュース番組「報道特集」(土曜・午後5時半)で調査結果を報じた。

 同番組では「検証 ジャニーズ事務所とTBS」と題し、報道局、制作局、事務所との窓口になった編成局の社員や元社員80人以上に取材。膳場貴子キャスターは特集の冒頭「TBSはジャニー喜多川氏の性加害について、イギリスBBCが報じた後の今年4月まで報じてこなかったわけですが、その背景には何があったのでしょうか?」とまず話した。

 これまでの同事務所との関係が様々に検証された上で編成経験者からは今後のあり方として「今後はキャスティングはすべてオーディション制にするなど、抜本的なことをしなけらばいけない。今回、ジャニーズ事務所のタレントがエージェント制になるのは本当に良かった。俳優やタレントの権利を守るため、もっとエージェント制が広がっていくべきだと思う」と返答。

 編成担当者は「芸能事務所と放送局が一定の距離を保ち、緊張感のある、そして実力主義のキャスティングが通るような関係性になる大きなきっかけになればと思っている」とし、制作経験者は「これを機に芸能界の人権について低すぎた意識を高めるべき。誰かを干すとか独禁法違反だし、社会通念からしたら、あり得ない。自分でもなぜか分からないが、芸能界は普通の社会から切り離されているという感覚があった。社会通念に照らして、人権意識を変えないといけないと思う」とした。

 制作担当者は「テレビ局、メディア自身が自分たちの在り様を変えていくべきだと思う。報道機関とエンターテインメントを両方担うというのが大きな矛盾を抱えている。これまでも議論されてきたが、テレビ局が謙虚にその矛盾について考えるべきだと思う」とした。

芸能

×