膳場貴子キャスター、ジャニーズ事務所に関するTBS社内調査報じ「それを許してしまった自分たちの責任も痛烈に感じます」

スポーツ報知
膳場貴子キャスター

 故ジャニー喜多川氏の性加害問題を巡り、TBSは同局とジャニーズ事務所との関係についての社内調査を行い、7日放送のニュース番組「報道特集」(土曜・午後5時半)で調査結果を報じた。

 同番組では「検証 ジャニーズ事務所とTBS」と題し、報道局、制作局、事務所との窓口になった編成局の社員や元社員80人以上に取材。膳場貴子キャスターは特集の冒頭「TBSはジャニー喜多川氏の性加害について、イギリスBBCが報じた後の今年4月まで報じてこなかったわけですが、その背景には何があったのでしょうか?」とまず話した。

 これまでの同事務所との関係が様々に検証された上で膳場氏は「これまで報道特集では被害者の証言を集めて、ジャニー氏の性加害の解明に努め、事務所を追求してきましたけれども、改めて自分たちの足下を見つめた時、ジャニーズ事務所にそれを許してしまった自分たちの責任も痛烈に感じます」と発言。

 「取材をしていますと、力関係に基づいた性加害というのは、ジャニーズ事務所に限らず、エンタメ業界全体に横たわっている問題と感じますので、そこまで変えていくことができなければ、この事件から十分に学んだと言えないのではないかと思っています」とした。

芸能

×