ジャニーズ事務所、木村拓哉に関する一部報道を否定「全て事実無根です」「名誉や信用を著しく毀損」

スポーツ報知
ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所は5日に公式サイトを更新し、木村拓哉に関する一部週刊誌の報道を否定した。

 「弊社所属タレントに関する一部週刊誌記事について」というタイトルで文章を掲載。「先般、一部週刊誌において、当社所属タレント木村拓哉に関し、『社名変更が決まっても”なんで変えるんだ!”と抵抗して納得していない』などといった記事や、『ドラマの撮影について“今はそのタイミングじゃない”とモチベーションが上がらないことを理由としてストップをかけた』などといった記事が掲載されておりますが、そこで書かれている内容は全て事実無根です」と否定した。

 その一部週刊誌の報道では、木村が社名変更に対して「なんで変えるんだ!」と抵抗したり、来春に放送予定だという主演ドラマ「教場」(フジテレビ系)の制作に関して「今はそのタイミングじゃない」とストップをかけたという話を、関係者の声として伝えていた。

 この報道に対してジャニーズ事務所は「当社としてはこのようなタレントの名誉や信用を著しく毀損する事実無根の記事に対しては強く抗議すると共に、関係者の皆様、お取引先の皆様、そして日頃から当社所属タレントを応援していただいているファンの皆様にご心配・ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます」と再度否定し、騒動を謝罪した。

芸能

×