【中日】荒木雅博、中村紀洋、西山秀二の3コーチが退団 大野奨太、堂上直倫、福田永将がコーチ就任

スポーツ報知
(左から)退団する中村紀洋コーチ、荒木雅博コーチ、西山秀二コーチ

 中日は4日、西山秀二1軍バッテリーコーチ(56)、荒木雅博1軍内野守備走塁コーチ(46)、中村紀洋2軍打撃コーチ(50)が今季限りで退団すると発表した。

 この日、荒木コーチと西山コーチはナゴヤ球場を訪れ、関係者らにあいさつ。荒木コーチは「選手を指導する立場でしたが、指導者として選手から学ぶことの方が多かったと思います」と話した。

 荒木コーチは2018年限りで引退し、同年オフ、2軍内野守備走塁コーチに就任。20年から現職となっていた。中村紀コーチは22年に1軍打撃コーチとして入閣したが、同年5月に2軍へ配置転換されていた。西山コーチも22年から入閣していた。

 併せて、いずれも今季限りで引退した大野奨太捕手(36)がバッテリーコーチ、堂上直倫内野手(35)が内野守備走塁コーチ、福田永将内野手(35)が打撃コーチに就任することも発表された。新コーチの1、2軍振り分けは未定。

野球

×