【日本ハム】新庄剛志監督、球団48年ぶりの2年連続最下位確定も「もう来年のことしか考えてない」

5回無死、ライトの守備位置に就いた後に交代しベンチに戻った谷内亮太を抱きしめる新庄剛志監督
5回無死、ライトの守備位置に就いた後に交代しベンチに戻った谷内亮太を抱きしめる新庄剛志監督

◆パ・リーグ 日本ハム2―4ロッテ(27日・エスコンフィールド)

 日本ハムは敗れ、2年連続の最下位が確定した。試合前に来季続投を表明した新庄剛志監督は「もう来年のことしか考えてないです」と、残り5試合を来季につなげることを強調した。

 就任3季目に向けた課題は明確だ。チーム失策数は12球団ワーストの87。この日も1―1の5回無死一、二塁からのバッテリーミスが勝ち越し点献上に直結した。新庄監督は「秋は守備をとことん練習させて。守備をやっていれば打撃も良くなってくると思うんで。守備の意識を植え付けていきます」と予告した。

 現役時代は入団3年目でレギュラー定着、日本ハム移籍後3年目で日本一を達成した指揮官。「前も言ったように、僕はいつも3年目で何かを起こす。来年も何かを起こしてくれると信じてるし、選手がやってくれると思う」と宣言した。

試合詳細

野球

×