【阪神】岡田彰布監督、「そんな、簡単に勝たれへんのやで。相手がいるんやから」先発の富田は「初回で出鼻をくじかれたからなぁ」…一問一答

9回、選手交代を告げベンチに戻る岡田彰布監督(カメラ・馬場 秀則)
9回、選手交代を告げベンチに戻る岡田彰布監督(カメラ・馬場 秀則)

 ◆JERAセ・リーグ 阪神2―7中日(27日・甲子園)

 阪神は、今季レギュラーシーズンの甲子園最終戦を終えた。ドラ6左腕・富田は約3か月半ぶり、プロ2度目の先発。初回と5回に細川に2本塁打を許すなど、5回6安打5失点(自責3)。2番手の西純も2回2失点を喫した。打線は4回に大山が2戦連発となる17号2ランを放ったが、6回無死満塁では得点を奪うことができなかった。最多安打を争う中野は中日・岡林に一時は並ばれたが、6回に左前打でリーグトップを死守した。

以下、岡田監督の一問一答。

―富田が先発

 「なあ、もうちょっとなあ、投げてくれると思ったけどな。初回で出鼻をくじかれたからなぁ」

―立ち直ったかと

 「あそこ(5回1死)もエラーあったけどな、あそこを抑えておけば、だいぶ違ったけどな」

―西純は

 「いやーもうなあ。悪い時に戻っとるわな。最後、ファームでも悪かったからな。結局な。7番、8番にフォアボール、フォアボールじゃあ、2アウトからな」

 ―打線は相変わらずタイムリーが出てない

 「なあ、そらノーアウト満塁でボール球、ボール球振っとったら、そら」

 ―森下の内容はどう見たか。

 「まあ、そうでもないやろお。まだなあ、自分のスイングでそないして打ててないよなあ」

 ―甲子園最終戦ということでベストメンバーで臨んだのか。

 「そうそう」

―ファンのために

 「まあ、そうやんか。まあなあ、キャッチャーも長坂でいこかなあと思たけど、まあ最後やしなあ」

―最後は白星で締めたかった

 「まあ、何回勝つんよ!お前もう。そんな簡単に。何回勝つんや。そんな、簡単に勝たれへんのやで。相手がいるんやから」

 ―大山が2戦連発。変化は

 「そりゃ、分からん。そんな」

―残り4試合をどう戦う

 「どう戦うって。まあ、普通に、ずっと言ってることやけどな。普通にやるていうか、お前。まあな、ピッチャーはな、もうだいぶ、ほとんど投げさせへんけどな。青柳一人だけ、ちょっとな。(得意の)DeNAやからな。そこは投げさすけど。あとはもう、そら点が何点とかは分からへんけどな。それができるのは勝った特権やんか。そやろ、そういうことやんか」

 ―スピーチでは佐藤輝に喋れと

 「いやいや、誰か喋るかなと思って」

野球

×