【阪神】岡田彰布監督、甲子園最終戦後にスピーチ「最善の準備をしてまたこの場に」…10月18日からCS最終S

甲子園球場での公式戦を終えて、ファンにあいさつをする岡田彰布監督(カメラ・馬場 秀則)
甲子園球場での公式戦を終えて、ファンにあいさつをする岡田彰布監督(カメラ・馬場 秀則)

◆JERAセ・リーグ 阪神2―7中日(27日・甲子園)

 阪神が、シーズン甲子園最終戦を迎えた。最後は5点差で敗れたが、岡田監督ら首脳陣、選手がベンチ前に並び、岡田監督がファンへ向けてスピーチを行った。

 以下、全文。

 「2023年のシーズン、公式戦は今日で、甲子園球場での試合は終わりました。本年は3月31日の京セラDでのホームから今日まで本当に、球場を埋め尽くすいつも超満員のファンの人に応援していただき、本当にありがとうございました。ファンの声援が、選手のすごい力になったのは間違いありません。普段は最終戦で終わりなんですけど、今年は18年ぶりにアレを成し遂げたので、まだ、甲子園球場をホームとして試合をすることができます。2005年は、18年前はCSがなかったので、18年ぶりというか。このファイナルステージを甲子園球場でできるというのは阪神タイガースにとって初めてのことです。今日から10月18日に第1戦を迎えますが、約3週間ありますが、チームは10月4日に最終戦を終えて、すこし期間があるんですけど、フェニックスリーグなど最善の準備をして10月18日にまた、この場に戻ってきたいと思います。シーズン同様に、ファイナルステージもたくさんのファンに球場に足を運んでいただいて、選手に力強い声援を送っていただけたらと思います。本当今日まで満員のお客さん、ありがとうございました」

野球

×