【西武】渡辺勇太朗6回1失点も2勝目ならず「先制点を与えてしまったことが反省点」

西武先発の渡辺勇太朗
西武先発の渡辺勇太朗

◆パ・リーグ 西武―楽天(27日・ベルーナドーム)

 西武・渡辺勇太朗投手が今季2度目の先発を果たしたが、6回を投げて5安打、2四球、1失点で降板した。

 4回まで毎回走者を出しながらも2併殺と味方の守備にも助けられて無失点。5回1死三塁で辰己に適時三塁打を許して先制点を献上。その裏マキノンの適時打で追いつくと、6回を無失点で切り抜けて中継ぎ陣に後を託した。

 「先制点を与えてしまったことが反省点です。結果だけみればよかったと思うのですが、カウントを悪くしてしまう場面もありましたし、もっとストライク先攻でいかないといけないので悔しいです。もっともっと良くなると思っているので、突き詰めていきたいです」と振り返った。

試合詳細

野球

×