【西武】森脇亮介の右腕手術成功…実戦復帰まで8~10か月

スポーツ報知
西武・森脇亮介

 西武は27日、森脇亮介投手が8月8日に東京都内の病院で右上腕動脈閉塞症に対する上腕動脈パッチ形成術を受け、無事終了したと発表した。

 森脇は今季、開幕からセットアッパーとして31試合に登板し2勝1敗3セーブ12ホールドを記録していたが、7月14日に出場選手登録を抹消されていた。すでにリハビリを開始しているが実戦復帰まで8か月から10か月を要するとみられ、来季の開幕には間に合わない見通しだ。

野球

×