Twitter facebook Instagram YouTube

那須川天心が日本7位に浮上 …JBC発表、日本ランキング

スポーツ報知
那須川天心

 日本ボクシングコミッションは27日、最新の日本ランキングを発表。18日にボクシング転向2連勝を決めた東洋太平洋スーパーバンタム級(55・3キロ以下)7位・の那須川天心(帝拳)が、日本スーパーバンタム級で7位にアップした。

 那須川は日本王座への挑戦を示していなかったことから、8月のランキングでは14位に落ちていた。日本ランキングでは過去7位まで上がっている。

 那須川は18日、東京・有明アリーナでのノンタイトル8回戦で、メキシコ・バンタム級王者ルイス・グスマン(メキシコ)から2度のダウンを奪うなどして判定勝ち。ボクシング転向2連勝を飾った。その後、試合中に痛めた左手の検査を受けた結果、「左手手根不安定症」と診断された。治るまでに3~4週間かかるといい、3週間は固定するため、患部にギプスを装着する。今のところ、1か月後に練習再開という予定に変更はない。

 那須川はキックボクシング42戦無敗(28KO)など格闘技公式戦47戦無敗でプロボクシングに転向。今年4月、当時日本ランカーの与那覇勇気(真正)に判定勝ちして初陣を飾っている。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×