【巨人】浅野翔吾が萩尾匡也と初アベック弾「次は1軍の舞台で、お立ち台に2人で立てるように」

試合後、笑顔でガッツポーズする(左から)萩尾匡也、浅野翔吾、井上温大(カメラ・宮崎 亮太)
試合後、笑顔でガッツポーズする(左から)萩尾匡也、浅野翔吾、井上温大(カメラ・宮崎 亮太)

◆イースタン・リーグ 巨人10―2ロッテ(24日・東京ドーム)

 巨人のドラフト1位・浅野翔吾外野手とドラフト2位・萩尾匡也外野手が24日、イースタン・ロッテ戦(東京D)で初のアベック弾をマークした。

 まずは萩尾だ。両軍無得点の2回1死で田中晴から左翼スタンドへ先制ソロ。イースタン6号は東京ドーム初アーチになった。「有利カウントだったので思いきっていきました。最高の結果になって良かったです」。意気揚々とダイヤモンドを一周した。

 浅野も続いた。7点リードの3回2死一塁の場面で秋山から左翼席へイースタン7号2ラン。この日3本目の安打は本拠地初本塁打になった。「3ボールだったけど打つ気でいて、しっかりと捉えることが出来ました。最高の結果になって良かったです」と顔をほころばせた。

 チームは大勝し、ドラ1とドラ2がお立ち台で共演。浅野が「次は1軍の舞台で(お立ち台に)2人で立てるように頑張ります」と意気込むと、萩尾は「僕が一本目を打ったので今日は目立てるかなと思ったら、ほとんど浅野に持っていかれてしまったので、1軍の時は自分がもう少し打ってお立ち台に立てるように頑張ります」と宣言。近未来のスター候補生がG党に大きな希望を抱かせた一日になった。

試合詳細

巨人

×