Twitter facebook Instagram YouTube

【大学野球】東海大が明学大に勝利し第3戦へ…1年生右腕・米田天翼がリーグ戦初勝利

スポーツ報知
9回7安打完封でリーグ戦初勝利を挙げた東海大・米田天翼

◆首都大学野球秋季リーグ戦第3週第2日 ▽東海大7―0明学大(24日・等々力)

 東海大は1年生右腕・米田天翼(つばさ)投手(市和歌山)が完封でリーグ戦初勝利を挙げて明学大を破り、対戦成績を1勝1敗とした。

 東海大は両チーム無得点で迎えた4回、内野安打と犠打で2死二塁の好機を作ると、7番・鵜沼魁斗外野手(3年=東海大相模)の右前適時打で先制。5回には、先頭の9番・臼井直生捕手(3年=東海大菅生)の左越え本塁打でリードを広げると、9回には打者一巡の猛攻で一挙5得点を挙げ、試合を決めた。

 投げては、今季3度目の先発となった米田が6回まで毎回走者を背負いながらも得点を許さない粘りの投球を披露。9回には2死満塁のピンチを招いたが、中飛に抑え、7安打5四球9奪三振の完封勝ちを収めた。

 この勝利で対戦成績をタイに戻した東海大。第3戦の勝者が勝ち点を獲得することになる。井尻陽久監督は「挑戦者としての権利が残った」と一安心。勝利の立役者となった米田も「率直にうれしい」と笑みをこぼした。次戦以降の戦いに向けては「1人1人丁寧に投げていきたい」と意気込んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×