【阪神】アレから10日後でも…V記念グッズ販売開始に開店前から2800人 阪神百貨店で前日から並ぶファンも

阪神の優勝記念球団オリジナル商品の販売が始まった阪神百貨店(カメラ・古田尚)
阪神の優勝記念球団オリジナル商品の販売が始まった阪神百貨店(カメラ・古田尚)

 プロ野球・阪神の優勝決定から10日たった24日、大阪・阪神百貨店梅田本店で、リーグ優勝記念球団オリジナル商品の販売を開始した。

 球団直営で阪神グッズを販売する8階の「阪神タイガースショップ TEAM SHOPCLUBHOUSE」には、1階の専用入り口が設けられた。前日の昼から周辺でスタンバイする熱狂的なファンも出現。開店前から2800人が列を作っており、開店時間を1時間15分早めて午前8時45分にオープンした。また、午前9時50分には安全考慮のため、この日の入場列に並ぶのを打ち切った。

 11連勝で03年に優勝した「9・15」より1日早く成し遂げた球団史上最速Vのため、「ビールかけTシャツ」「ビールかけキャップ」「ビールかけタオル」の3点は15日からのセールに間に合わずこの日からの販売。また、阪神梅田本店限定の「アレよ! フェースタオル」や「胴上げ似顔絵トートバッグ」「胴上げ似顔絵ブランケット」などもラインアップされ、どれも1人1点のみの購入制限を設けた。

 前日のお昼から並んだ1番乗りの京都府在住の60代男性は「キャップとビールかけTシャツが欲しかった。これを着て、甲子園に応援に行きます」と笑顔。また、昨晩の午後10時に並んだ兵庫県在住の60代男性は「疲れよりも興奮の方が大きい。奥さんがヒーローやね。早く行かないとなくなると送り出してくれた。何かお土産も買って帰ります」と足取りも軽かった。

 日曜日ということもあり、親子連れの姿も多く、大阪府内から始発の電車で来た母娘は「昨夜からX(旧ツイッター)でどれだけ並んでるとかを調べて、狙ってきました。無事に買えて良かったです」と「アレよ! フェースタオル」を手に喜んだ。同店では30日までは優勝記念グッズを販売する予定だが、無くなり次第終了し、通常のグッズ販売に戻るという。

 同店の販売推進部広報担当部長の竹下諭さんは「うれしい悲鳴です。阪神の快進撃で、優勝翌日には間に合いませんでしたが、今日は阪神・阪急百貨店が一丸となって、様々なフロアからも応援にきてもらっています。お客様がセールとは関係ないフロアでもお買い物をしていただいているので、ありがたいです」と話した。

野球

×