「マツコ会議」8年の歴史に幕 サプライズ登場の徳井義実から花束「ありがとうございます」…同枠には「ANOTHER SKY」が移動

マツコ・デラックス
マツコ・デラックス

 日本テレビ系「マツコ会議」(土曜・午後11時)の最終回が23日に放送され、8年間の歴史に幕を閉じた。

 番組の冒頭、MCのマツコ・デラックスは「予言しておきます。酷い回になります」と伝えて最後の放送がスタート。ゲストはタレントの友近で、栗原ディレクターの「本日はこちらです!ジャン!」というおなじみのフレーズで中継が始まった。フリーアナウンサーに扮した友近が登場。女子アナファッションの友近は「前室」に侵入し、机に並べられた弁当や差し入れのどら焼きを紹介した。番組のラストで友近は、演歌歌手の“水谷千重子”に変身。サプライズで「チュートリアル」徳井義実が演じる歌手の“六条たかや”も登場し、マツコにはなむけの歌を捧げた。

 徳井の熱唱で番組が終了すると、スタッフは総立ちで拍手。徳井から「お疲れさまでした」と花束を贈られたマツコは「8年の割にはずいぶん安く済ませたのねこの花束」とツッコみながらも「ありがとうございます、ほんとに」と会釈。“カオス”な最終回にマツコは「ホントにこれで最後でいいのかな?」と笑った。

 「マツコ会議」は2015年10月にスタート。“総合演出”マツコが番組スタッフと会議を開くというコンセプトのもと、話題のディープな場所と中継を結び、知られざる場所を深掘りした。新型コロナウイルス流行後は、ロケからトーク形式に変化。芸能人や有名人と中継をつなぎ、マツコと1対1で対談するスタイルが定着し、8年間で1800人以上と中継を行った。

 タレントのぺえやモデルのゆうたろうなどが同番組をきっかけにブレイクした。ぺえは23日の放送開始前に自身のインスタグラムを更新し、「今の私に、たどり着くきっかけをくれたマツコ会議が今日で最終回を迎えます」と終了を悲しみ、「自分の軸を保てるようになったのも、今の自分でいいんだと思わせてくれたのも、ありのままの自分を知るきっかけをくれたのも、全てマツコさんのおかげなんです」と感謝。「原点であるマツコ会議、そして、私を温かい愛情で抱きしめてくれて、何かあればいつも連絡をくださるマツコさんに心からの感謝を込めてありがとうを伝えたいです」と番組への思いをつづった。

 日本テレビは今月14日に開いた改編説明会で「マツコ会議」の終了を発表。金曜・午後11時にアニメ枠「FRIDAY ANIME NIGHT」を新設し、その枠で放送していた「ANOTHER SKY」を土曜・午後11時に移動することを報告した。

芸能

×