【巨人】育成左腕・富田龍が4戦連続0封「来年は必ず支配下に」

富田龍
富田龍

◆イースタン・リーグ ロッテ3―2巨人(22日・ロッテ)

 模索の日々が実を結びつつある。巨人の育成左腕・富田龍投手(23)が22日、イースタン・ロッテ戦(浦和)で1回無安打無失点。140キロ台後半の直球に曲がり幅を改良中のスライダーなどの変化球を織り交ぜて、2三振を奪った。4試合連続無失点とし、「追い込んでからの決め球の精度を意識してやってきた中で、真っすぐでも変化球でも空振りが取れた」と好感触を得た。

 四国学院大から21年育成ドラフト8位で入団。今季は春季キャンプからアピールを続け、5月12日には東京Dで行われた1軍の試合前練習に初参加した。しかし、6月以降にコンディションを落として支配下昇格を逃した。「まだまだ意識が低い部分があった」と、悔しさを原動力に変化球の精度向上や筋力トレーニングに力を注ぐ。「来年は必ず支配下に」。向上心あふれる左腕の進化はまだまだ止まらない。(宮内 孝太)

試合詳細

巨人

×