Twitter facebook Instagram YouTube

【阪神】青柳晃洋、まさかプロ初の満塁被弾…自己ワーストタイ1イニング5失点で6回途中KO

スポーツ報知
6回2死満塁、大城卓三に右越え満塁本塁打を打たれた青柳晃洋(カメラ・竜田 卓)

◆JERAセ・リーグ 阪神―巨人(21日・甲子園)

 阪神・青柳晃洋投手が6回途中で5失点KOされた。

 今季9勝目を狙って先発した右腕は、4回まで無安打投球。5回に吉川に初安打を許したが、序盤は二塁も踏ませぬ好投で折り返した。

 しかし、両軍無得点の6回2死一塁から岡本和、丸に連打を浴びて先取点を奪われた。さらに、秋広に四球を与えて満塁とすると、代打・大城卓にプロ初のグランドスラムを被弾。この回、自己ワーストタイとなる1イニング5失点して、5回2/3で降板した。

 青柳は2021年5月から巨人戦7連勝中で、8連勝となれば2009~11年の能見篤史に並ぶ快挙だったが、おあずけとなった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×