松本人志「腹のなかですげえ思われてそう」「怖い」とガチで恐れる年下の女性芸人を告白 本人は全否定

スポーツ報知
松本人志

 ダウンタウンの松本人志(60)が、17日放送のフジテレビ系「まつもtoなかい」(日曜・後9時)に出演。「怖い」と恐れている女性芸人を明かした。

 この日のゲストはお笑いタレントの大久保佳代子(52)とヒコロヒー(33)。中居正広は松本に「プライベートでは(2人と接点)ないですか?」と質問すると、松本は「いや、ないことはない」と言い、「ヒコロヒーはどっちかと言えば大悟軍団なんで」。松本によると、「千鳥」大悟と飲む時にヒコロヒーが来ることがあるという。ヒコロヒーは「大悟さんを介して呼んでいただいて」とうなずいた。

 すると松本は「いまだにヒコロヒーってちょっと怖いのよね」と警戒。「なんか腹のなかですげえ思われてそうな気がする」と恐れている存在だという。「『細かく言えば若干今のスベってるよな』『ちょっとフリ長いよな』みたいに思ってそう」と“被害妄想”を話すと、ヒコロヒーは「いやいやいや」と立ち上がって手を横に振り、「どの若手が、松本さん喋ってる時に『スベってるよな』なんて思わないでしょう」と全否定した。

 しかし松本は「そう思わせるところがなんかあるよな」と言い、大久保に「怖くない?なんか」とヒコロヒーについて聞くと、大久保も「怖かったです、最初。センスとか才能の人だと思ってたので」と共感した。今は印象が変わったそうで、「裏返すと、全然礼儀正しいし、一緒にご飯した時も『飲まれます?』とか、箸をすぐに置いてくれたりとか。最終的に『いちご食べますか?』って、いちごをプレゼントしてくれたんですよ。いちごとバスタオルをくれました」とプライベートの様子を明かした。

 中居はヒコロヒーに「そういうふうに見られがちだなって自分でも気づく?」と聞くと、ヒコロヒーは「そうですね。愛きょうが4歳くらいから無いんですよ。人に対する愛嬌みたいなのが。なんかずっと緊張感を周りに…」と認めていた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×