日本が開幕2連勝!アルゼンチンにストレート勝ち…バレーボール女子パリ五輪予選

林琴奈
林琴奈

◆バレーボール女子 ▽パリ五輪予選兼W杯 B組 日本3―0アルゼンチン(17日・東京・国立代々木競技場)

 24年パリ五輪の出場権を懸けた予選で、世界ランク8位の日本は、同18位のアルゼンチンをストレートで破り、開幕2連勝を飾った。対アルゼンチンは13戦全勝。

 日本はセッター関菜々巳(東レ)、アウトサイドアタッカーに井上愛里沙(日本協会)と古賀紗理那(NEC)、ミドルブロッカーに宮部藍梨(姫路)と山田二千華(NEC)、セッター対角に林琴奈(JT)と、前日の開幕戦ペルー戦と同じ布陣でスタート。井上、林のスパイクなどで主導権を握り、第1セットを25-18でものにした。第2セットは序盤接戦が続くも、10―8からの3連続得点、要所でのブロックポイントで流れをつかみ、25-18と連取。第3セットは、リードを許す場面もあったが、粘って25-23でものにした。最後は古賀のスパイクがアウトの判定だったが、チャレンジの結果、相手ブロックのワンタッチありとなり、これが25点目となった。

 ペルー戦はストレートで開幕白星発進。主将でエースの古賀が最多14得点、林が12得点と続いた。真鍋政義監督は14人全員を起用できたことを大きな収穫とし、「独特な五輪予選の緊張感。初めての選手が多いもんですから。選手も緊張していたけど、14人の選手が全員コートに立てたことは明日からの試合につながってくる。この勢いを持って戦い抜きたい」と語っていた。

 今大会は、女子日本代表「火の鳥ニッポン」にとって、2004年アテネ大会から続く、6大会連続の五輪出場を懸けた戦い。前回東京五輪は25年ぶりに1次リーグで敗退と苦杯を喫し、12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した真鍋氏が監督に再任して再出発した。パリ五輪では、12年ぶりの表彰台を目指す。

 次戦は19日にプエルトリコと対戦する。

 ◆バレーボールのパリ五輪への道 出場枠は男女各12。内訳は①開催国枠1②9~10月の五輪予選(東京など)で6③来年のネーションズリーグ1次リーグ終了時(女子は24年6月17日、男子は同24日)の世界ランク、①と②の7か国を除く上位5か国が獲得。予選は開催国のフランスを除く同ランク上位24チーム(22年9月時点)が3組に分かれて総当たりのリーグ戦を行い、上位2チームが出場権をつかむ。

 ◆パリ五輪予選 パリ五輪の開催国のフランスをのぞく世界ランク上位の24チーム(昨年10月時点の順位)が3組に分かれ、成績で各組上位2チームが五輪の出場権をつかむ。日本女子は開催国枠で出場した21年東京五輪を含めて04年アテネ大会以降、6大会連続の五輪出場権を目指す。B組が争う東京大会はW杯を兼ねている。

スポーツ

×