YOSHIKI、亡き両親へ「空からも手形や足形もよく見える」日本人初チャイニーズ・シアターに刻印

スポーツ報知
手形刻印のセレモニーに出席したYOSHIKI(ロイター)

 【ロサンゼルス14日(日本時間15日)=田中雄己】「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が、米ハリウッドの「TCLチャイニーズ・シアター」の刻印セレモニーに出席し、「日本の歴史上最も影響力のあるミュージシャン」として、同所に手形と足形を残した。日本人初の快挙にYOSHIKIは「アメリカンドリームをつかむことができた」と感無量の表情を見せた。

 シアターの前庭に登壇したYOSHIKIは、緊張した様子で少し声を上ずらせながら、英語でスピーチを始めた。「信じられない。何度諦めようとしたか分からないし、この栄誉のことを考えたことすらなかったけど、あなたたちがいてくれたからここにいる」。交通規制の中、沿道に集まった300人以上のファンに何度も手を振った。

 1927年開館の同劇場には、音楽、映画、ファッションなど、さまざまな分野で功績を残したスター約330人の手形と足形が刻印されたモニュメントが敷き詰められている。マリリン・モンロー、ジョージ・ルーカス監督、ブラッド・ピットら世界的スターに並び、YOSHIKIは日本人として初めて仲間入り。30年間にわたる音楽活動に加え、ファッションや映画での活躍、慈善活動などに取り組む姿勢が評された。

 今は亡き両親にも、誇らしげに偉業達成を伝えた。「子供の頃に父は亡くなってしまったけど、大きな影響を与えてくれた。昨年、母も亡くなりましたけど、今日も空から見てくれているんじゃないかな。空からも手形や足形もよく見えるよって」。そう話すと感極まった。

 セレモニーの後には、同劇場で初監督を務めた映画「YOSHIKI:UNDER THE SKY」をプレミア上映。世界中の人があこがれる“映画の都”で、この日の主人公は間違いなくYOSHIKIだった。

 「夢ってかなうんだな。まだゴールじゃないけど、進んできた道を認められた気がする。英語力がゼロだった僕でも、アメリカンドリームをつかむことができた。ここまでやった自分を多少褒めてあげたい。ナッシング・イズ・インポッシブル(不可能なことはない)」。ハリウッドの澄み渡った空を見上げて笑った。

 ◆TCLチャイニーズ・シアター 1927年に建設された米ロサンゼルスのハリウッド大通りに位置する劇場。外観は中華風の寺院をイメージしている。新作のワールドプレミアの会場として使用されることも多い。2013年1月に中国の大手家電メーカー「TCL集団」が命名権を獲得し、現名称となった。

 KISSジーン「真のタレント」 〇…会場には大物ゲストが友人として駆けつけ、YOSHIKIを祝福した。米ロックバンド・KISSのジーン・シモンズ(74)は「唯一無二の存在で、真のタレント。才能にあふれた巨人。音楽は世界的な言語。それを証明しているのがYOSHIKI」と絶賛。また12年に手形と足形を残している韓国俳優のイ・ビョンホン(53)は「アジア全体で人気があるし、お互いに喜びを分かち合い続けている。良い友達でいることを誇りに思う」と話した。

 来月から新境地ライブ 〇…YOSHIKIは、10月7日からクラシックコンサート「REQUIEM」を東京、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨークの世界4都市で開催する。内容について「前代未聞のライブになる。激しいドラムを取り入れようと思って。かなりショッキングな内容になる」と宣言。「各地のホテルでもピアノで毎日練習している。世界をアッと言わせたい。手形に恥じないショーを見せたい」と決意を新たにしていた。

芸能

×