Twitter facebook Instagram YouTube

辰巳ゆうと、新曲は初のバラード 紅白歌合戦も「目指すつもりで頑張っていきたい」

スポーツ報知
新曲「星くずセレナーデ」ヒット祈願を行った辰巳ゆうと

 演歌歌手の辰巳ゆうとが12日、東京・富士見二丁目の東京大神宮で新曲「星くずセレナーデ」(13日発売)のヒット祈願を行い、「身が引き締まる思い」と気持ちを新たにした。

 2018年に日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した辰巳は、今年でデビュー6年目。これまで1年に1曲の新曲リリースを行ってきたが、同曲は1月に発表した「心機一転」に次ぐ、今年2曲目のシングルリリースとなった。ピュアな男の子の恋心を歌った新曲は、自身初のバラードソングで「久しぶりにこぶしが入らない曲でした。『心機一転』は、ド演歌で真っすぐ突き刺すイメージでしたが、この曲は優しくて切ない曲。歌い分けが難しかったです」。苦労をにじませたが、ピュアな笑顔を振りまきながら新曲を熱唱した。

 6年目に突入し、脂が乗ってきた辰巳。ファンからも「年末に向けて頑張ってね」とNHK紅白歌合戦の出場を熱望する声をかけられることが増えたという。「夢のひとつ。目指すつもりで頑張っていきたいです。演歌第7世代として、同世代と切磋琢磨(せっさたくま)して、演歌歌謡界をもりたて、みんなで年末に出られるように頑張りたいです」と力を込めた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×