【東都大学準硬式野球】帝京大が接戦を制し今季初勝利…先発・宮島英輔が6回5安打2失点

勝利投手に輝いた帝京大・宮島英輔
勝利投手に輝いた帝京大・宮島英輔

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 専大2―3帝京大 2回戦(10日・スリーボンドスタジアム八王子)

 帝京大が今季初勝利だ。先発右腕の宮島英輔(2年)=帝京三=は、初回に先制を許すも、2回以降は尻上がりに調子をあげ、落ち着いた投球を披露。「今日は何がなんでも勝つんだという強い気持ちで投げました」と力のある直球を武器に、好調の専大打線を6回5安打2失点に抑え、試合を作った。2番手の渡辺惹々紀(1年)=中央学院=も「今日はずっと緊迫した場面が続いていたので、絶対に負けないという気持ちで投げきりました」と粘投で無失点投球。1点差を守りきり勝利に貢献した。

 打線は、同点の6回2死一、三塁で8番・佐藤凜弥(2年)=桐蔭学園=が決勝の適時内野安打を放ち接戦を制した。

野球

×