現役ジャニーズの多くはSNS沈黙 反応に差…加藤シゲアキはXを更新「全身全霊で向き合いたい」生田斗真も投稿

ジャニーズ事務所
ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所が7日、同事務所の創業者で元社長のジャニー喜多川氏(2019年死去)による性加害問題をめぐり、都内で会見を行った。一夜明けた8日、SNSの個人アカウントを持つ現役ジャニーズの多くは沈黙を続けている。

 最近はX(旧ツイッター)やインスタグラムなど公式SNSの個人アカウントを持つメンバーが増えている。Xでは嵐の二宮和也(フォロワー数191万人、8日午前10時現在)、TOKIOの国分太一(同78万人)、KAT―TUNの中丸雄一(同55万人)らがアカウントを所持。インスタグラムは、嵐の松本潤(フォロワー数107万人)やKAT―TUNの亀梨和也(同104万人)、KinKi Kidsの堂本光一(同76万人)らがアカウントを持っているが、7日の会見以降は投稿なし。二宮が8日朝にXで「皆ーおはよー」と投稿したのみだ。

 そんななか、生田斗真とNEWSの加藤シゲアキはSNSを更新。フォロワー数132万人を誇る生田はインスタグラムのストーリーズを更新し「これからも一所懸命頑張ります。宜しくお願いします」とファンにメッセージを寄せた。加藤はX(フォロワー数12万人)で「自分にできることがあるならば、全身全霊で向き合いたい。応援してくれる方のためにも。仲間のためにも」と決意を示した。

芸能

×