Sexy Zone菊池風磨、連ドラ3クール連続主演で徴税吏員…民放GP帯初の大役に「ついに今なんだ」

スポーツ報知
民放GP帯の連ドラ初主演を果たす菊池風磨

 「Sexy Zone」の菊池風磨(28)が、10月14日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「ゼイチョー~『払えない』にはワケがある~」(土曜・後10時)に主演することが30日、分かった。

 今作で4クール連続の連ドラ出演、主演は3クール連続と波に乗る菊池。「今年(1月期)の『大病院占拠』に出演させていただき、1年たたずして、また土曜夜10時に出演できるのは、すごくうれしいという驚きがありました」と、人気枠での凱旋主演に手応えを明かす。

 民放ゴールデン・プライム(後7~11時)帯の連ドラは初主演となるが「こんな日が来るのだ、とデビュー当時の僕に教えてあげたい」と感無量。「いつかはやりたいと思っていましたけど、具体的にいつなのかまでは、自分の中で思い描いていなかったですし、まだ実感は湧いていないのですが、ついに今なんだ、という引き締まる想(おも)いです」と語る。

 ドラマは慎結(しん・ゆい)氏の人気コミックが原作。菊池は、市役所の納税課に勤務する公務員で、滞納者から税金を徴収する「徴税吏員」の饗庭(あいば)蒼一郎を演じる。滞納の裏側にある市民のやむなき事情に迫っていくストーリーとなるが、菊池は「滞納している税金を徴収するためには手段を選ばず、ではなく、結局は人と人との向き合いで徴収し、それだけでは終わりではない、ということをどうお伝えできるかが大切だと思っています」と“取り立て”のなかにも人間らしさを表現するつもりだ。

 原作者の慎氏も「菊池風磨さんが饗庭にしか見えません!」と期待。菊池は「(GP帯の主演が)今で良かったと思える作品にすべく、精いっぱい頑張ります」と意気込んだ。

芸能

×