【西武】豆田泰志が7月度の2軍部門「走魂賞」を受賞「自分でもびっくり」 1軍部門は高橋光成投手が受賞

「走魂賞」を松井稼頭央監督(右)から贈られる豆田泰志投手 (カメラ・佐々木 清勝)
「走魂賞」を松井稼頭央監督(右)から贈られる豆田泰志投手 (カメラ・佐々木 清勝)

 西武は18日、7月度の「走魂賞 supported by こんにゃくパーク」を発表。1軍部門は2試合連続完封勝利を達成した高橋光成投手が、2軍部門は豆田泰志投手が受賞した。

 受賞の報に豆田は「走魂賞ができてからもらえると思っていなくて、ノミネートされたと教えてもらった時はすごくびっくりして、本当に受賞までできるのは自分でもびっくりしています」と喜びを口にした。7月には目標にしていた支配下登録を果たし、すでに1軍で5試合に登板。中継ぎとして15日の楽天戦(ベルーナドーム)で初ホールドを挙げるなど無安打、無失点投球を続けている。

 目指していくのはセットアッパー。「勝ちパターンはずっと目指しているので、まずはそこで安定して結果を出せることで、そこからまた8回、9回を任せてもらえるようにできたらなと思います」と目標を掲げた。

 走魂賞はチームスローガンの「走魂」をチーム全体に意識づけることを目的に1、2軍の首脳陣がスローガンに見合ったプレーなどでチームに貢献した選手をノミネート。ファンクラブ会員の投票によって1軍、2軍それぞれ1人ずつの受賞者を決める。

野球

×