【甲子園】花巻東・佐々木麟太郎が智弁学園相手に3安打! タイムリーで打点も 出るか高校通算141号

スポーツ報知
6回2死一、二塁、追加点となる中前適時打を放つ花巻東・佐々木麟太郎(カメラ・渡辺 了文)

◆第105回全国高校野球選手権記念大会第11日 ▽3回戦 智弁学園―花巻東(17日・甲子園)

 高校史上最多の140発を誇る今秋ドラフト上位候補の佐々木麟太郎(3年)が「3番・一塁」でスタメン出場。6回2死一、二塁には中前適時打を放つなど、3安打1打点と躍動している。

 初回1死一塁では三遊間を破るレフト前ヒット。3回1死ではセンター前に運び、チャンスメイク。チームバッティングと本塁への激走で2得点をマークした。

 そして6回には2死走者なしから3連打での追加点に貢献。8強を目指して、麟太郎が暴れまくる。

野球

×