【VIVANT】「テント」実は“悪の組織”ではない説 意外な目的「だから日本が…」ネット考察

スポーツ報知
主演の堺雅人

 俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」(日曜・午後9時)の第5話が13日に放送された。謎の組織「テント」のリーダーが判明したが、組織の詳細は明らかになっていない。そうした中、ネットではある“説”が浮上している。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

 第5話で、テントのリーダー、ノゴーン・ベキ(役所広司)が乃木憂助(堺雅人)の父親であることが分かった。テントの幹部会議で、第1話の終盤に登場した二宮和也が再登場。二宮(役名はまだ不明)はベキを「お父さん」と呼んでいた。

 ちなみに、テントの幹部でGFL社のアリ(山中崇)も、乃木に拘束された際にベキの写真を見て「この方こそ、わが父、偉大なる指導者」と告白した。ネットでは「ベキのことを父と呼ぶということは、テントメンバーは元人身売買された孤児とか?だとしたら強固すぎる忠誠心もわかる」との声。「テント」は、過去に人身売買されたメンバーによって構成されているのでは、という考察だ。

 確かに乃木は度々、テントの絆の強さを口にしてきた。組織の実情を聞き出すためにアリの家族を人質に取るなど手荒な策をとった理由について「テントの結束の固さは普通じゃありません。他に情報を聞き出す方法がないと思ったんです」と話していた。

 辛い過去を共有しているのならば、結束の固さもうなずける。またテントの活動目的について、ネットでは「テントがテロ組織とは限らない。子供を救っている可能性も。人身売買の組織本部が日本にある→だから日本が最終目的」「テントの最終標的は日本…テント(役所さん)は、人身売買から子供たちを救い保護する組織で、だとすると、最終目的は日本での人身売買を根絶することかな」「テントも極悪組織じゃなかったりして。世界の国々へ順番に復讐?」と想像があふれていた。

芸能

×