「心」を大切に、これからも 羽生結弦さん結婚を担当記者が「見た」

羽生結弦さん
羽生結弦さん

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌五輪を連覇し、昨年7月にプロ転向した羽生結弦さん(28)が4日、自身のSNSで結婚を報告した。「大安」「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」「天赦日(てんしゃにち)」という吉日が重なり縁起が良いとされる日だった。同日午後11時11分の電撃発表から一夜明けた5日、反響は国内にとどまらず世界中で大きな話題に。数え切れないほどの祝福の声が寄せられた。今回の発表を担当の高木恵記者が「見た」。

 SNSにつづられたのは入籍の報告と、感謝と決意とスケート愛。羽生結弦らしさが詰まった結婚発表だった。

 昨年8月の公開練習「SharePractice」後の個別インタビューでの言葉が印象に残っている。プロ転向会見で口にした「心を大切にしたい」というフレーズについて尋ねた時のことだ。

 「メディアに出ている羽生結弦じゃないことを、すごくないがしろにしがちなんですよね、自分が。だから、それをまた、大切にしていけたらいいな、というふうには思っていて」。そう言って、続けた。「自分の大切にする選択がもしかしたら、失望したとか、もう見ないって言われてしまうかもしれないんですけど。でもなんか、その自分の価値がちゃんとスケートにあるようにしたい」

 考えすぎだろうか―と、当時何度も自問自答した。「選択」が指す意味を、勝手に深読みしたりもした。プロ転向と結婚。この1年と少しの間に、大きな決断を2つ下した。羽生結弦が今もスケートを続けていることに変わりはない。「自分」と「心」を大切に、これからも滑り続けてほしい。新たなステージで、表現者としての深みはまた、増していくことだろう。(高木 恵)

スポーツ

×